アルペンレースネット・NEWアイテムのお知らせ

    Tシャツ,スキー,新製品,未分類 — admin @ 2016 年 1 月 30 日-9:10 AM
    このブログはほとんど休眠状態でしたがalpineracenetのオリジナルアイテムを私が担当させていただいたので、これをきっかけに再開します。田草川の取材の思い入れもこめた作品を作っていくつもりです。とりあえずは、ヘビーウエイトジップパーカのご紹介。
    このビブ(ゼッケン)入りパーカーはかつて田草川がスキージャーナルで取材してきたアルペンスキーヤーのレジェント達をイメージしたものです。昔の選手を知らない若い選手達も田草嘉雄のalpineracenetの中の「名選手名勝負の物語」を読んでみてください。勝負とともにあった選手達のストーリーは今でも共感を呼び自らのモチベーションにつながると思います。
    このパーカーでは 、ここに載っているゼッケン以外の数字を入れることも可能です。あなたのラッキーナンバーがあればご希望下さい。カラーはネイビー・ヘザーグレー・ブラックの三色。裏起毛で重量感のある厚手生地の温かいジップパーカです。フードはしっかりした2枚生地、weightは12.4oz。詳しくは以下のサイトからご覧ください。尚、ここにはこのパーカー以外にも2種類のパーカーがあるのでお間違いなく。

    自転車(作品)

    未分類 — admin @ 2014 年 9 月 26 日-9:00 AM

    ペイント缶(スキーヤー用?)

    未分類 — admin @ 8:52 AM

    ㈱カイワスポーツクリエイティブ創設30周年記念

    未分類 — admin @ 2014 年 9 月 15 日-10:00 AM

     

    ㈱カイワスポーツクリエイティブ創立30周年記念のTシャツの為のデザインです。

    Dr.elan

    アート,イラストレーション,スキー,未分類 — admin @ 2013 年 9 月 28 日-2:58 PM

    ここ何年かロッカースキーという新たな構造のスキーが話題になっていますがその中でもエラン社のアンフィビオというスキーは同じロッカーでもかなり考えられたスキーです。その構造の説明は少し難しいので大型店にはその説明パネルが張ってあります。ちなみにそのパネルに出てくるDr.elanは私が担当させていただきました。私も気に入っているキャラクターです。スキー専門店でぜひご覧下さい。

     

    山ノ内町 西小学校と北小学校のスキークラブ

    スキー,未分類 — admin @ 2013 年 9 月 15 日-11:36 PM

    今回は山ノ内町の西小学校と北小学校のジュニアスキークラブを紹介します。この二つの小学校は同じ北志賀高原にあるので一緒に練習する事も多い。そして中学は同じ名門山ノ内中学に進みます。

    西小コーチのぶろぐ「意気衝天  元気に行こうぜ!!」

    北小コーチのブログ「Ready Go !!!(がんばれ北小アルペン)」

    山ノ内町の西小と北小からは多くの名選手やデモンストレーターが生まれました。
    より大きな地図で ジュニアスキークラブ を表示

    長野県内の大会では小さい時からお互いに知った顔が多い。中学、高校とずっと良きライバルとなります。

    この中に将来日本の代表選手となる子どもがいるんだろうね。ぜひオリンピックで活躍する選手になってほしいものです。

    練習は高井冨士、よませ温泉、竜王でおこなわれる。シーズンの始まりと終わりも雪の多い志賀高原、野沢などへは1時間もかからない。

    高学年ともなると中学生や高校生と動きは変わらない。低学年のこども達にとって高学年のこども達と一緒に練習することは良き目標、良き見本になる。

    シーズンオフはオフトレの会をつくって、山ノ内の他のジュニア選手、近隣の中野市からも参加しているこども達がいるそうです。スキークラブがなくても近くのこども達は一緒に参加してみては如何だろう。

    MMD SKI RIDE

    スキー,未分類 — admin @ 4:11 PM

    ほとんど初音ミクとは縁のない私ですが、これは素晴しい!
    2009年第2回MMD杯 選考委員特別賞 “三月八日賞” を受賞した作品です。コンピューターアニメですがトップスキーヤーの無駄のない動きが正確に再現されています。アニメーションだからこども達に受け入れやすく大人にもぜひご覧いただきたい作品です。

    「MMD SKI RIDE」

    YouTubeでは音がないのでニコニコ動画から見るとノリノリの音楽もついてます。コメントが気になる人は画面下のコントロール画面で消して見る事もできます。
    他にも「初音ミクにアルペンスキーをやらせてみる」もグッドです。膝の返しや重心移動の感じがよくわかりますね。

    ところでMMDとはMikuMikuDance(ミクミクダンス)の略で3Dモデルを自由に踊らせることができる樋口優さんが制作したソフト名だそうです。
    このソフトを使ってpencilerさんが「スキーのプロモーションムービー」というイメージで作られたそうです。

    樋口優さんとpencilerさんに感謝!

    MMD杯公式ホームページ

    山田温泉少年スキークラブ

    スキー,未分類 — admin @ 2013 年 9 月 10 日-1:18 AM

    斜陽と言われるスキー業界ですがジュニアレーシングのキャンプは花盛り。今では雪無し県から全国大会で活躍する選手も数多くなりました。一方、昔からスキー選手を輩出してきた地方のスポーツ少年団は少子化の影響もあってすっかり縮小気味。でもまだまだ雪国のジュニアも頑張っています。今回はそんな雪国のスキークラブの子ども達を紹介してみたいと思います。各地の子ども達はシーズンオフもいろんな活動をしています。お互いの様子を知って切磋琢磨しましょう。

    さて今回紹介するのは長野県の山田温泉少年スキークラブ


    大きな地図で見る

    ホームゲレンデはヤマボクワイルドスノーパーク。かつての山田牧場スキー場が生まれ変わったバックカントリーの聖地だ。子どもの時はポールだけでなくいろいろな斜面や雪質を滑る必要があると欧米のコーチ達は口を揃えて言いますが、ここヤマボクにはそんな条件が揃っている。子ども達にとって山全体が遊び場でありトレーニング場といった感じ。

    山田温泉少年スキークラブはこのスキー場のスクール「ヤマボク スノーアカデミー(旧名称 南志賀スキー学校)」によって運営されている。

    この冬、ひょんな事から菅平で彼らと一緒に滑る機会を得ました。第一印象「アットホームな雰囲気」、家族ぐるみで仲がいい。通常、親御さんは送迎専門だがこのクラブでは親も参加する一泊の合宿がおこなれる。当然親たちにとっては夜の親睦会がメインイベントとなるらしい。こんな家族的なクラブだから小学生のうちはクラブ内で用具もお下がりが回るようになっているという。その他シーズンオフもマラソン大会やゲレンデのゴミ拾いなど活発に活動している。またこのクラブでは高山村だけでなく、須坂など近隣の町からも広くクラブ員を迎え入れている。うらやましいクラブですがその裏には情熱を持った指導者やクラブ全体の事を考える保護者が必ずいるものです。詳しくはホームページを見て下さい。

    残暑お見舞い申し上げます

    スキー,未分類 — admin @ 2013 年 8 月 16 日-7:50 AM


    ずいぶんご無沙汰してしまいました。引き続き子ども達と親御さんにむけて、つれづれなるままにスキーをはじめとするよしなし事をそこはかとなく書き綴っていきますのでたまにチェックしてみてください。
    さてさて私の住んでいる長野県でも猛暑が続いておりますが志賀高原まで上がってくると陽射しはきついけれど流石に涼しい。標高1600mともなると短い夏は間も無く終了。この後、山は赤や黄色に染まりそして白い世界へと徐々にスピードをあげて変化していきます。写真は焼額から一ノ瀬ファミリーのゲレンデを望んだものです。
    スキーヤーにとってシーズンは始まってしまえば、あっという間に春を迎えてしまうもの。そこでスキーは準備から大いに楽しみましょう。九月に入ったら今シーズンの計画開始!
    今シーズンも忘れられない楽しいスキーシーズンにしましょう。

    SKI FORUM 2013 開催決定

    未分類 — admin @ 2013 年 5 月 20 日-10:26 AM

    昨年は「SNOW Fes at DAIKANYAMA」というスキーウエアメーカーが集まったイベントが5月におこなわれましたが今年は6月1日(土)と6月2日(日)に用具メーカーも参加した「SKI FORUM 2013 」が東京と大阪で開催されます。
    詳しくは日本スキー産業振興協会のサイトをご覧下さい。
    尚、東京会場では入場に「事前登録」が必要が必要となるそうです。(入場無料)

    天才は音で表現する!

    未分類 — admin @ 2011 年 8 月 21 日-1:12 PM

    スポーツの専門家から「スポーツの天才は動きを音で表現する」と聞いたことがある。それを指導に応用した陸上の指導をテレビでやっていた。「欽ちゃんのワースト脱出大作戦」である。様々なランキングで最下位の地域の人たちにNHKが協力し「ワーストからの脱出を目指す」という内容だ。欽ちゃんこと萩本欽一さんは御年70才。この番組を「最後の冠番組」にする決意で臨んでいるという。今回はかけっこが全国でワーストな高知県の小学5年生がとりあげられた。ここで登場したワースト脱出請負人は陸上界でつとに有名な名コーチ、川本和久先生!地方の国立大学の陸上部にありながら数多くの日本記録保持者を育て上げた福島大学の教授である。結果はというとわずかな魔法の言葉でほとんどの小学生がタイムアップとなった。
    スタートの仕方など技術的に近い指導もあったが、ここで興味深いのは「ポンピュン走法」と言われる擬音を使った指導だ。スタート時は「ぐいぐい」、走行中は「ぽん」と地面を弾みながら、逆足を「ぴゅん」と前に出す。それを口にしながら走るのだ。それだけで走りが変わっていく。一見、子ども向けの抽象的な指導方法のように見えるが科学的に組み立てられたことを子どもでも感覚的にとらえられるよう工夫されている。だから結果が付いてくる。詳しくは先生の書籍やビデオも出ているのでそちらを参考にしてほしい。実際、スポーツの複雑な動きを伝えるためにはとてもたくさんの言葉が必要となる。そこで専門用語が作られる。専門用語が増えればスポーツは難しくなり楽しいものではなくなっていく。悪循環だ。「簡単なことを難しく伝える」のは易しく「難しいことを簡単に伝える」ことは難しい。ここに指導者の資質が問われる。
    スキーではどうだろう。スキー指導者も難しい専門用語が大好きだ。えてして違う分野の難解な言葉で説明したくなる。しかし川本先生のこの方法はスキーにも当てはまる。スキー指導者はおおいに参考にしたいものだ。例えば同じ急斜面のショートターンでも「シュイン、シュイン」といくのか「ガン、ガン」といくのか。実際、受け手のイメージと動きは大きく変わる。
    さてスポーツ界においては、人口の「減少率」から言えばワーストなのは我がスキーかも知れない。わずか十数年前に比べスキー人口が三分の一になってしまったことは寂しい限りである。この素晴らしきスポーツのことを新しい世代の子ども達はまだ知らない。これからはトレンドやファッションではなく純粋なアウトドアスポーツ、アスリートスポーツとして伝えていきたいものだ。

    なでしこジャパン国民栄誉賞受賞おめでとう。

    未分類 — admin @ 2011 年 8 月 20 日-2:02 AM

    なでしこジャパンのみなさん、国民栄誉賞受賞おめでとう。
    なでしこジャパンについては何も言うことはありません。今回のWC優勝を観てサッカーについて素人同然の私でも学ぶことは多かった。その中の最大の収穫はアメリカチームの気持ちがいいほどのスポーツマンシップでした。特にホープ・ソロとアビー・ワンバックが素直に敗北を認め相手チームに敬意を表する言動には心打たれるものさえありました。それらが自然と言葉になって表れたのは普段から高い志を持ってトレーニングしているからでしょう。
    スポーツの直接的な目的は勝ち負けです。しかしそれ以上に第三者は勝敗後の言動に興味を持ち記憶に残す。勝敗を通じて人間性が問われるわけです。ここにスポーツをおこなう意味がある。子ども達もスポーツを通じて悔しい思い、おごり高ぶる気持ちをたくさん経験すればいい。そしてその気持ちをもコントロールできるスポーツマンになってほしい。
    今回のワンバックらの負けた後の態度をもってして彼女たちは私達の心に強く刻まれました。もしアメリカが勝ったなら、にわかサッカーファンの私は数年後にはどこの国が優勝したかも忘れているかもしれない。

    次ページへ »

    WordPress-Basic All rights reserved. |  Sitemap